ヒーリング依頼

質問・相談・依頼フォーム





* 必須項目

333ヒーリングのはじまりについて

それは、透視・体外離脱・チャネリング指導のワークショップ開催を中心として活動していた2016年9月のこと。

まだ幼稚園生だったミツさんの大事なお子さんが、不慮の事故により顔面から熱湯をかぶる大やけどを被いました。水遊びをしているお子さんに、隣の家の方がかけた水が、熱湯だったのです。病院に行けば「皮膚移植しかない」という大やけど、それは一生その傷と付き合っていくことを意味していました。傷は、一生消えないと。

そうと分かったとき、ミツさんは決断しました。

「この大やけどを、自分が治そう」

そしてすぐさま体外離脱して、様々な手法を試しながら大やけどを改善させる方法をアプローチしました。そばにいるときもそうでないときも、体外離脱によってアプローチを続けました。

そして1ヶ月後 ―――――。

何と、奇跡的にミツさんの子どもの大やけどは完全に跡形もなく消えていたのです。皮膚移植しかないと言われた大やけどが、跡形もなく消えたのです。

「子どもが治るなら、何でもしよう」

祈るような気持ちで願った、大やけどの完治。333ヒーリングは、絶対に子どもを助けたいと願い行動した父親の深い愛情から生まれたヒーリング。「333ヒーリング」とは、「ミツさん」を「3つの3(みっつのさん)」も意味することからつけられました。読み方は、「ミツさんヒーリング」です。

前里光秀研究所 公式サイトへ

333ヒーリングの特徴

333ヒーリングの特徴は、下記のようになります。

① 痛みがない
メスも何も使わないので、痛みはありません。

② 自覚なくても問題ない
ヒーリングを受ける本人は、その事実を知らなくても効果は同じです。

③ 部分ではなく全体を施術できる
病院では1箇所の治療ですが、ヒーリングは全体を施術します。

④ 対症療法ではなく、原因療法
ヒーリングは、症状を軽減するための対症療法ではなく、症状の根本にアプローチすることを目的とした原因療法です。

⑤ 無駄なコストがかからない
移動時間・移動費用・待ち時間など一切かかりません。

⑥ 精神にアプローチできる
メスでは届かない、目には見えない精神(魂)にアプローチできます。

⑦ 身体に悪影響がない
手術はできれば避けた方がいいですが、ヒーリングは回数を重ねる毎に効果は上がっていきます。

333ヒーリング体験談

激痛と長い間戦ってきた中2女の子へのヒーリング

  1. 原因不明の激痛
  2. 女の子の見た不思議な夢

肩に槍が突き刺さったような痛みを感じる女性へのヒーリング

  1. この1分をどう生きるのか?
  2. 病気である必要はない
  3. 痛みを再構築する思考
  4. 病気は忘却の彼方へ
  5. 病気の国境を越える

ヒーリングで意識を回復した深昏睡70歳の男性

左半身麻痺の40歳女性へのヒーリング

  1. 25歳のとき、突然Yさんを襲った脳梗塞
  2. 病気は、教師のような存在である

過去にあった依頼内容

病気編

  • 本態性血小板血漿(ET)血小板の数値異常​
  • 中性脂肪やガンマGTPが高い
  • 胆石症
  • 好中球減少症
  • 蕁麻疹
  • 膀胱癌
  • 湿疹
  • 子宮筋腫
  • 気管支喘息
  • 潰瘍性大腸炎
  • IGA腎章
  • 卵巣嚢腫
  • 一過性脳虚血性発作
  • 突発性難聴
  • メニエール病
  • 大腸ポリープ
  • 斜視
  • 神経症
  • 膠原病全身性エリテマトーデス
  • 脳梗塞
  • 統合失調症
  • 高血圧
  • 腰椎分離症
  • 悪性脳腫瘍
  • パセドウ病
  • 橋本病
  • 幽門狭窄症
  • 子宮腺筋症
  • パニック障害
  • 胃軸捻症
  • もやもや病
  • 高次脳機能障害
  • 甲状腺機能低下症
  • 更年期障害
  • 卵巣チョコレート嚢胞
  • 子宮内膜症
  • 頸部リンパ節腫脹
  • 甲状腺腺腫様結節
  • 乳癌
  • フォン・ヴィレブランド病
  • 手根管症候群
  • 熱傷
  • 痔ろう
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 逆流性食道炎
  • 白内障
  • 靭帯性腱鞘炎
  • アトピー
  • 学習障害
  • 摂食障害
  • アレルギー性皮膚炎
  • 花粉症
  • 不妊症
  • うつ病
  • 骨粗しょう症
  • 緑内障
  • 高血圧
  • アレルギー性鼻炎
  • 外反母趾
  • 近視
  • 脂漏性皮膚炎
  • ドライアイ
  • 子宮がん
  • 甲状腺低下症
  • 肺炎の後遺症
  • 心臓の脈に異常がある
  • 緑内障
  • 難聴
  • 糖尿病
  • 虫歯
  • 小指内班
  • 細菌性膣炎
  • 掌遮蓄膿症
  • 子宮筋腫
  • 頚部むち打ち
  • 頸堆捻挫
  • 尾てい骨骨折
  • 肘骨折
  • 梨状筋坐骨心痛
  • 臀部打撲
  • 小腸の癒着
  • 下肢静脈瘤
  • 前立腺炎症
  • 下肢静脈瘤
  • 慢性腎不全
  • 五十肩
  • 近眼
  • 老眼
  • 肥厚性鼻炎
  • 無呼吸症候群
  • ADHD
  • 線維筋痛症

症状編

  • 内臓下垂による肛門の腫れ・痛み・血尿・蛋白尿
  • 血行が悪く、下肢に激痛が走る
  • 喉が不調
  • 心臓の入口や出口の血管肥大
  • 脳の血管に血栓がある
  • 生理痛が痛い
  • 腰から尾てい骨にかけて痛い
  • 舌がうまく回らない
  • 便秘
  • 睡眠が浅い
  • 身体の柔軟性が低い
  • バルトリン腺の管が塞がって化膿する
  • 背骨のでっぱりからくる背骨と足の痛みと違和感
  • 骨格が歪んでいる
  • 左足親指の陥入爪
  • ぎっくり腰の癖がある
  • 乳腺に多数の腫瘤があり痛い
  • 叔父がパーキンソン病なので心配
  • 母がアルツハイマー型認知症なので心配
  • 聴覚が弱い
  • 左足に痛みがある
  • 冷え症
  • 尿道口から溜まった分泌物が排出
  • 口腔内の異常な乾燥
  • 肩こり
  • 膝下と足の付け根が痛む
  • 老眼
  • 足の血行がよくない
  • 左鎖骨下に激痛が走る
  • 消化器系の機能がよくない
  • 口臭
  • 五十肩で腕が上がらない
  • はげ
  • 首こり
  • 腰痛
  • 手足が痺れる
  • 骨盤がはまっていない感じ
  • 腸が後ろにずれている感じ
  • 高2のときに痛めた右膝の靭帯が痛い
  • 尿の血沈レベル2
  • 胡座をかいたあと、すぐに足を伸ばせない
  • 体位の維持ができず震えることがある
  • 熟睡できない
  • 90分サイクルで目が覚める
  • リラックスできていない
  • 腰痛
  • 仕事のストレス
  • 家族関係のストレス
  • 偏頭痛
  • 眩暈
  • 貧血
  • 口呼吸
  • 喉の痛み
  • 声がかすれている
  • 肝臓の数値が高い
  • 血圧が高い
  • 左足股関節骨盤のズレ
  • 不安症・心配症
  • 貧血気味
  • 肌荒れ
  • 左足のしびれ
  • 生理不順
  • 肩の痛み
  • 右後ろ脇腹の痛み
  • 首から肩の凝り痛み
  • 頬のたるみ
  • 右眼球裏奥から右頭の偏頭痛
  • 右中指のバネ指
  • 歯ぎしり
  • 喉の違和感
  • 心臓の違和感(何か詰まった感じ)
  • 左足付け根前面の痛み
  • 目の下のクマ
  • まぶたの痙攣
  • ふくらはぎの痛み
  • 恋人と接触した場合の体調不良
  • 首の付け根の痛み
  • 歩く時、多少の痛みがある
  • 下半身のにおいが気になる
  • 乳首にしこり・異物感がある
  • 手首の腱鞘炎
  • 生理前・生理中に頭痛がある
  • 全体的に身体が渇いている感覚がある
  • 吐き気
  • 身体のだるさ
  • 食欲がない
  • 耳鳴り
  • 眼精疲労
  • 体が重い
  • 体が怠い
  • 異常に眠い
  • 長時間熟睡ができない
  • 夜中2・3回トイレに起きる
  • 内臓の冷え
  • 睾丸の根本付近の痛み
  • 肛門のゆるみ
  • 手荒れ
  • 痒み
  • 不眠
  • 手術後の内出血と傷跡を消したい
  • 頭髪が薄くなったきた
  • 疲れがとれない
  • 足のむくみ
  • 脳全体が圧迫を受けていて辛い
  • 首の骨が苦しい
  • 毎朝、足がつる
  • 顎関節の痒み
  • 腎臓が弱い
  • 左耳の聴力が悪い
  • 腰の左側に痛みが出やすい
  • 尿漏れ
  • シミ・シワ
  • 白髪
  • 尿の散らばり
  • セックスの感度が落ちた
  • キュンとくることがなくなった
  • あがり症

333ヒーリング概要

333ヒーリングは、遠隔ヒーリング専門。ご自宅にて、受けていただけます。

まずは、お電話にてお気軽にご質問ご相談ください。メールの場合は、24時間以内にご返信致します。

施術時間 ヒーリング希望内容によって変わりますが、数十分から1時間以内です。
施術時間 遠隔ヒーリングですので、どこでもOKです。
施術料 1回110,000円
※ 症状により、複数回施術も承っています。
振込口座 琉球銀行内間支店 普通口座520883
株式会社前里光秀研究所 代表取締役 前里光秀
依頼方法
  1. 下記、質問・相談・依頼フォームをご利用ください。
  2. 0120(365)531へお電話 (10時~19時)
  3. info@333institute.co.jpへメール (24時間受付中)

質問・相談・依頼フォーム





* 必須項目