お知らせ

病気や痛みを癒すヒーリング技術を学び遠隔ヒーラーとなる『上級ヒーリングワーク』体験談が公開されています。

病気や痛みを癒すヒーリングがはじまるまで

病気や痛みを癒すヒーリング技術。前里光秀が異次元での特殊訓練によって習得したヒーリング技術。それは、ヒーリング理論を学び、訓練の実践を繰り返すことで習得することができます。

 

弊社は、「体外離脱」「透視」「チャネリング」などの特殊能力開発のワークショップを12年に渡り行ってきました。また、その中で「現実創造の仕組み」という宇宙の原理原則(成功法則)もお伝えしてきました。

 

前里光秀がヒーリング技術を習得したのが、2016年9月。このヒーリング技術の有用性を確認後、2017年からは「個別ヒーリング」「ヒーリング会」「一斉遠隔ヒーリング」を実施。

 

そして2018年から、その技術体系の完全公開に踏み切っています。

 

現代に生きる、未来医学を学ぶ者たち

ヒーラーという職業自体、まだ「怪しい」と言われる現代。投薬と手術を治療の方法とする西洋医学に比較して、それらがないばかりか直接触れることもないヒーリング

 

「精神というメスを使う」

 

目には見えないヒーラーの精神性が、病気や痛みを癒すメスとなる。ヒーリング技術もさることながら、それを操作する精神性(スピリチュアリティ)がヒーリング効果の鍵を握ります

 

2020年6月21日、病気や痛みを癒すヒーリング技術を学び遠隔ヒーラーとなる『上級ヒーリングワーク』第3期生が修了しました。新しく20名以上のヒーラーが誕生しました。

 

修了生の方々は、いちはやくヒーリングの有用性に注目し一歩を踏み出した方たちです。

 

20代から70代まで。ただスピリチュアルなことやヒーリング現象に興味がある方から、独立を目指している方、家族を癒したい方、プロとしての実績がある方まで。

 

様々な思いを胸に受講された皆さんが、約約半年間に渡って学んだ記録。

 

あなたはその記録をお読みいただき、どう考えるでしょうか。このサイトでは、このヒーリング現象について一緒に考えていきたいと思います。

 

上級ヒーリングワーク体験談