お知らせ

『新型コロナウイルス感染症対策 ~緊急333ヒーリング~』ご参加いただいた10,222人の皆様へ

10,222人の皆様へ

この度は、『新型コロナウイルス感染症対策 ~緊急333ヒーリング~』たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

最終的な参加者数は、10,222人になりました。皆様のご参加に心から感謝を致します。

弊社が所有している病気や痛みを癒す未来技術ヒーリング。その中でも一斉遠隔ヒーリングは、複数の人を同時に癒すことができる技術になります。弊社はかねてより有事に備え、この技術研鑽を重ねてきました。

今回は参加ご希望の方の「お名前」のみでヒーリングを致しました。通常は「生年月日」「お住まい都道府県」「ヒーリング希望内容」もお聞きしています。当サイト内にある多くの体験談(成果報告)は、そのような状況で行われたものです。

ウイルスから身体を守るために

新型コロナウイルスは、まだまだ感染拡大をしています。安倍首相より表明がありましたように、4月8日(水)から7都府県においての緊急事態宣言が発生致します。まだまだ厳しい状況は続くでしょう。

「ウイルス」という存在は、ホコリよりPM2.5より細菌より非常に小さいです。ですから、一般的にはマスクの繊維もマスクと顔の隙間も通過します。実際には、ウイルスの侵入を完全に防ぐことはできません。

ですから最終的に大切になってくるのは、いかに身体にウイルスが入ったときにブロックできるかです。つまり、免疫システムが決め手になります。

有事に役立つ本当のヒーリングを

少しだけ、このヒーリング技術について書きます。

弊社の所有する遠隔でのヒーリング技術。これは、前里光秀が異次元への体外離脱で学んできた最先端技術です。それを実際に学んだ通りに、一斉遠隔ヒーリングをしています。

非常に不思議ではあります。また、前里の体験を証明する方法もありません。

しかし一部の方はご存じの通り、透視能力者である前里は2008年5月から異次元存在との対話が始まりました。彼らは病気を持たない存在(病気という表現を反映しない存在)。だから、病気の癒し方が分かるそうです。

今回は新型コロナウイルスに特化したヒーリングでした。全14回の中でも、毎回々々新しい技術開発の中で行われてきました。これは、またヒーラー養成ワーク「上級ヒーリングワーク」でお伝えしていくことになります。

「一家に1人、ヒーラーを」

私たちが考える未来。家族の病気を家族が癒す未来です。

現在まで、このヒーリング技術を学んでいる方々は70名ほどになります。今回のような世界を巻き込んだ緊急事態のみならず、発熱から各種疾患、原因不明の病気、心の病…など。離れた場所からすぐに癒せる、いざというときに非常に便利な技術です。

今、有事に役立つ本当のスピリチュアルヒーリングが必要とされています。弊社はさらに研究を進めていきます。

一斉遠隔ヒーリングは、新しいステージへ

緊急333ヒーリングにご参加された皆様は、さらに効果を感じていただけると思います。

何かありましたら、またご報告いただければと思います。不思議ではありますが、病気や痛みが癒え、そしてその予防をする以外に、多岐にわたるご報告があります。

この技術を多くの方に知っていただき、メカニズムを理解せずともこの技術をご利用いただければと思います。肉体的な疾患も精神的な疾患も、ヒーラーが原因を特定できる以上は癒す方法があるのです。

それでは、次回は2020年の一大イベント。4月24日(金)開催の100人セッションと、5月5日(火)開催の5000人セッションになります。

今回の緊急333ヒーリング期間中、実はヒーラー前里光秀はまったく新しいヒーリング方法を開発しています。それをご披露するかたちになると思います。

弊社が所有する遠隔ヒーリング技術。さらに多くの皆様に健康と笑顔をお届けできるよう、これからもご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

前里光秀研究所 担当事務局

体験談・感想・ご質問





* 必須項目

ヒーリング体験談

新型コロナウイルス感染症対策の記事

2008.5.17 前里光秀との出会い

近日開催の一斉遠隔ヒーリング

上級ヒーリングワーク(次期の開催未定)